レーザー脱毛の施術前後に日焼けは厳禁

レーザー脱毛では、黒色に反応して熱を発生させる光を利用しています。毛の黒い色素に当てて熱を発生させ、毛根がダメージを受けて毛が生えてこなくなるのはいいのですが、肌にもレーザーは当たるため、肌に黒めの色素があるとまずいことになります。肌にも熱が発生してしまうからです。

そのため、肌は白ければ白いほど良いということになります。施術前に日焼けは厳禁です。また、レーザーを照射した肌は傷みやすくなっていますので、施術後の日焼けも避けなければなりません。できれば服で覆うのが良いでしょう。直後の日中の外出も極力避けたいものです。

レーザー脱毛をおこなうメリット

毛深いことがコンプレックスであったり、自己処理をおこなうことが面倒という場合は、クリニックでおこなわれているレーザー脱毛が適しています。これは最も効果的な脱毛方法といわれており、皮膚に含まれるメラニン色素に対して、レーザーを照射してムダ毛を再生させる組織を破壊する仕組みとなっています。

肌の黒い部分にだけ反応するため、周りの皮膚にダメージが与えられる心配もありません。また、脱毛は痛いというイメージがあるかもしれませんが、レーザー脱毛は肌への負担はもちろん痛みも少ないため、安全性の高い方法として知られています。

レーザー脱毛は美容外科がいい理由

脱毛を行うときに、効果の違いや価格などどの観点からお店を選びますか?効果で選ぶならば、美容外科のレーザー脱毛がおすすめです。エステサロンと違い、医療用の照射力の高いレーザーを使用しているので、数回通うだけで効果を実感できます。

また、費用も高くなりますが、その分通う回数が少ないので結果的にエステサロンよりも安くなることが多いです。美容外科のレーザー脱毛は高いと言われるには、しっかりとした効果を実感できるからこその値段でしょう。何度も通う手間がなく短期間で効果を得たいのであれば、美容外科がおすすめです。

レーザー脱毛は予約制で進む

予約を入れないことには、レーザー脱毛を受けられない仕組みとなっています。時間が必要とされているので、時間を確保する取り組みが重要になっているのは間違いありません。そのために必要な時間を確保して、なるべく安心してレーザーを照射してもらえるようにします。

美容外科が行っている方法ですので、レーザー脱毛以外にも手術があります。その時間をしっかり考えつつ、最終的にどれくらいの時間を使っていればいいか検討しているのです。予約を入れないことには、レーザーを使って脱毛する方法は取り入れられないと思ってください。

永久脱毛でのトラブルについて

永久脱毛を受けるにあたり、なにかトラブルがあるとすれば、最もメジャーなリスクは火傷です。医療レーザーでの脱毛方法になりますので、照射可能な出力はとても高くなります。そのため設定を誤ると、肌には火傷を負うことになります。

しかし医療レーザーは、こうしたリスクがあるために、取り扱いは医療従事者であり、医療資格を持った者にしか許可はされていません。毎回の施術の際にも、肌とムダ毛の確認をした上で、照射の設定を行います。施術を受けることになったら、日焼けには気をつけましょう。そして、日頃から肌の保湿を心がけることも、予防になります。

関連

MENU

TOP 脱毛口コミを参考にサロンを体験 レーザー脱毛の施術 レーザー脱毛 脱毛